誰でも面接の結果を待っている時が、転職活動の中ではどんな時よりも時間が長く感じるのではないでしょうか。

面接のマナーについて
面接のマナーについて
PAGE

面接の結果が分かるまでの過ごし方

誰でも面接の結果を待っている時が、転職活動の中ではどんな時よりも時間が長く感じるのではないでしょうか。面接の時に、結果は一週間後に連絡しますなどと教えてもらっているならどれだけ待てばいいかわかりますが、もし何も教えてもらえなければ、際限なく待たされてしまうのではないかという思いが日々募ってくるでしょう。あまりにも連絡が遅い時は、もしかしたら落ちたのではという不安感がこみ上げてくるかもしれません。しかしただ待っているだけでは何も生み出しません。念のため面接が落ちた場合のことを考え、すぐ次の応募企業に対する準備を始めるべきです。待っているだけで何もしないでいるのは時間の無駄ですし、次の企業への準備が遅れると転職活動全体の期間を長引かせることにもなります。

企業の採用活動の都合で連絡が遅くなることは珍しいことではありません。あまりにも遅い時は、ただ待っているだけでなくこちらから連絡して確かめてもマナー違反ではありません。もしその時合格していることがわかれば、転職活動のしめくくりです。すでに他の企業へ応募していた時は、電話で断りの連絡を早めに入れておきましょう。もちろんその際はきちんと謝罪することも忘れてはいけません。

Copyright (C)2017面接のマナーについて.All rights reserved.